メニュー

加齢黄斑変性

モノを見るときに、目の中に入ってきた光を網膜という組織で刺激として受け取り、その信号を脳に送るために視神経に伝達します。その網膜の中心部分が黄斑です。
加齢黄斑変性とは、モノを見るときに重要なはたらきをする黄斑という組織が、加齢とともにダメージを受けて変化し、視力の低下を引き起こし、また、歪み、色の見え方が違うなどの症状を引き起こします。

治療

硝子体注射やレーザーによる加療となります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME