メニュー

施設案内・院内設備

院内設備

超音波白内障手術装置 アルコン社 Centurion vision system

灌流圧センサーを内蔵した超音波ハンドピースを搭載したCENTURION® Vision System with ACTIVE SENTRY®は、安全性、安定性、コントロール性を追求した設計により新たな次元の白内障手術を提供します。高い前房安定性と一貫した眼内圧を維持することで低侵襲で高効率な手術を提供します。

手術用顕微鏡 カールツファイス Lumera i

主に大学病院や総合病院で使用されるドイツのCarl Zeiss社製顕微鏡を使用しています。白内障手術をより安全に行う事ができる最新の器械です。

細隙灯顕微鏡(タカギ700GLスリットランプ)

結膜、角膜、虹彩、水晶体、硝子体、網膜、視神経乳頭といった前眼部から後眼部までを詳細に観察できます。

レンズメーター(LM-1800PDニデック社)

眼鏡のレンズの度数を測定する装置です。
現在の眼鏡が目にあっているかを調べることができます。

マルチファンクションレフケラトメーター(トーメー MR6000)

屈折度数、角膜曲率半径、中心角膜厚、眼圧、角膜形状解析の5つの項目を測定することができます。

FDT自動視野計(ZEISS社)

緑内障等視神経疾患のスクリーニング検査に用いられます。

ハンフリー自動視野計(ZEISS社)

緑内障、視神経疾患の判定などに用いる自動視野計です。

眼底カメラ付き光干渉断層計(ニデック社)

網膜疾患や緑内障における視神経変化を高解像度で断層撮影する3次元眼底装置です。

視力検査表(ニデック社)

視力検査を行うための検査機器です。

 

スペキュラマイクロスコープ(ニデック社)

角膜内皮細胞の数を測定します。
手術やコンタクトレンズの角膜の影響をの程度を調べることができます。

超音波眼軸長装置(AL4000トーメー)

測定精度が高い光学的眼軸測定装置と組み合わせる
事でより信頼性の高い眼軸長を測定することができます。

光学的眼軸長測定装置(OA2000トーメー)

白内障術前検査に必須である眼軸長の測定と角膜曲率半径を測定します。

グリーンYAG一体型レーザー(ニデック社)

網膜裂孔や糖尿病網膜症などの治療に用いられます。
また後発白内障の治療にも用いられます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME